保護者の皆様へ 中学生の皆様へ 卒業生の皆様へ 在校生の皆様へ

新着情報

※1 ページ右上のタブからアクセスできる「宮城県築館高等学校一迫商業キャンパス」のページを更新しました。

 こちらからでもアクセスできます!!! 

※2 ページ中心にある「卒業生の皆様へ」のページを更新しました。令和6年度の「同窓会のご案内」を掲載しております。

 こちらからでもアクセスできます。

※3 入試情報掲載、宮城県築館高等学校・一迫商業キャンパス「情報ビジネス科」、求める生徒像を更新しました。

   こちらからでもアクセスできます。

 

NEW・R6/3/7 令和5年度 学校評価アンケート(まとめ).pdf

       令和5年度 学校評価表.pdf

 

NEW・R5/8/23 R5学校案内

 

 

スクール・ミッション(社会的役割等)及びスクール・ポリシー(三つの方針)を掲載しました。

以下のリンクよりご覧ください。

学科紹介

 

 

 

R3 県内初!「オンライン学校説明会」を実施いたしました。詳しくは「まる説明会」をクリック 

「日常の授業」・「オンライン学校説明会」動画公開

通信費(ダウンロード)は自己負担となりますので、予めご了承ください。

まる授業

ビジネス基礎 

ビジネス実務

販売実習

プログラミング

朝学習

六日町にきてけさいん

※動画時間は各5分となっております

まる説明会(○日目をクリックしてください)

1日目 → へぇ知らなかった、本当は進学にも有利なんだね!

2日目 → 商業っておもしろそう!(流通経済科編)

3日目 → 商業っておもしろそう!(情報処理科編)

4日目 → バーチャル授業。一商の授業こっそり見せます!

5日目 → 教えて先輩!皆さんの素朴な質問にお答えします!

※動画時間は各30分となっております

 

部活動に係る活動方針(部活動ガイドライン)
一商ブログ

一商ブログ

移動ホームルーム(野球観戦)

 

天候に恵まれ、快晴の中で試合が始まりました。相手は現在パ・リーグ首位のソフトバンク。

全校で楽天を応援するために、これまでお昼や放課後の時間に各選手の応援歌を流したり、歌詞カードの作成に努めてくれた生徒会のみなさんのおかげもあり、結果は4-1で快勝することができました。

 また、毎年恒例のスチューデントリレーでは、本校を代表して3年生3名、教員1名の計4名が出場し、見事予選3位の好成績を収めることができました。

来年度こそは決勝戦に残りたいですね。

<観戦企画「リレー」選手> <観戦①> <観戦②>

春季生徒総会

 令和6年5月8日(水)、春季生徒総会が行われました。

 各部長からの前年度の活動報告や今年度の活動計画、各委員会委員長からの今年度の活動計画の説明などが行われました。

 第8号議案においては、例年とは異なり、各クラス等から出た要望をその場で教員に提案するのではなく、教員に提案することを全生徒に確認するところから始まりました。議案は「休み時間等におけるスマートフォンの使用について」です。要望を通すにあたり、自分たちで施行期間を設け、その結果をもって使用の可否を決めるという提案を、生徒会長がしました。

 これから本格的に動いていくことになるので、生徒会の活躍に目が離せません。

 前に出て発表した生徒の皆さん、お疲れさまでした。これからより良い学校を築いていきましょう。

<生徒会長挨拶> <活動報告(部活動)> <活動報告(委員会)>

PTA総会

 

 令和6年5月2日(木)、PTA・教育振興会総会が視聴覚室で行われました。昨年度から平日開催となり、今年度は昨年を超えるご参加をいただきました。

 石井副PTA会長さんを議長とし、議事はスムーズに進行しました。その中で、今年度は県北支部PTA事務局校であり、事業計画提案の際、「例年に増して保護者のみなさんのご協力をお願いします。」と総務進路部長より申し添えがありました。

 また、今年度はPTA会長に鈴木健さんが承認され、新体制のもとPTA活動が無事にスタートしました。

 最後に、長年PTA活動にご尽力いただいた役員の方々へ感謝状が贈呈されました。大変ありがとうございました。

 <校長挨拶> <PTA総会議事の様子> <新PTA会長挨拶> <PTA役員表彰>

新入生オリエンテーション

 令和6年4月10日(水)、新入生オリエンテーションが行われました。

新入生にむけて、各分掌、商業科、学年からこれからの学校生活における様々なルールや注意事項、一迫商業で大切にしていることなどについてお話を受けました。

 中学と高校の違いを、生徒指導や生活支援、教務や進路の面でお話しいただき、新入生は一生懸命メモを取りながら話を聞いていました。

 また、商業科と学年からの話の中では、商業高校の面白さや挑戦することの大切さについて話していただきました。意見を交流したり、問題を考えたりする場面がありましたが、いずれも真剣に考え、自分の意見を述べる姿が見られました。

 生徒の積極的な取り組み姿勢にこれからの学校生活がとても楽しみになりました。いち早く高校生活に慣れ、一商生として活躍してくれることを期待しています。

〈オリエンテェーション①〉

〈オリエンテェーション②〉 〈オリエンテェーション③〉

情報モラル研修(生徒ICT研修)

 令和6年4月9日(火)、宮城県一迫商業高等学校「情報モラル研修」が実施されました。

インターネットやSNSを使用する際、SNSで加害者や被害者にならないための対処法やトラブル事例、トラブルに巻き込まれないための方法を学びました。

 生徒の感想には「SNSは言葉一つで人を助けることも傷つけることもできる道具になるんだと思った」や「文字によるコミュニケーションの危うさを知ることができた。」などと書かれていました。

今回の研修会で学んだことをいかして、被害者にも加害者にもならないようにしてもらいたいと思います。

〈第1体育館にて実施〉 〈研修風景〉

 

対面式・部活動紹介

 

学式から明けた翌令和6年4月9日(火)、生徒会執行部主催の対面式と部紹介が行われました。

新入生にむけて、在校生たちが学校生活や部活動について紹介する場であり、新入生と在校生が初めて対面する場でもあります。

 生徒会長の遠山航生くんからの歓迎のあいさつからはじまった対面式。1年生を含めた各クラスのクラス紹介、パワーポイントを使った学校生活の説明、生徒会役員からのあいさつと盛りだくさんな内容も生徒会執行部の進行でスムーズに進みました。

 部紹介では、各部工夫を凝らした紹介が目白押し。どの部も、自分の部活動を新入生にPRすべく、精一杯部活動の良さを伝えていました。

 今回はすべての進行を生徒会が取り仕切りを行っていました。入生も新たな学校生活に早くなじめるような工夫がいっぱいの会になりました。

 

〈生徒会長挨拶〉 〈クラス紹介〉 〈部活動紹介〉

着任式

 始業式の前に、今年度転入した職員の着任式が行われました。小野寺文男校長先生始め7名の職員が紹介されました。生徒たちは初めて会う新しい先生方に、興味津々といった面持ちで自己紹介を聞いていました。

 これからいろいろな活動を通して絆を深め、充実した一商ライフを築いていくここと思います。今から楽しみです。

 

〈着任式〉 〈転任者登壇〉 〈転任者自己紹介〉

入学式

校庭の桜が咲き始めた令和6年4月8日(月)、宮城県一迫商業高等学校として最後の入学式が挙行されました。

流通経済科11名、情報処理科26名計37名の新入生が入学を許可され、晴れて本校生徒となりました。

 小野寺文男校長の式辞では、校訓である「誠実・自律・奉仕」の精神に則り、最後の一迫商業生として頑張るよう鼓舞されました。

 それを受け、生徒を代表して、情報処理科の今野紗希さんが、新しく出会った仲間と協力して頑張る旨を力強く宣誓してくれました。

 今年度の一迫商業高校の活躍を期待させる入学式でした。

〈校長式辞〉 〈新入生〉 〈新入生代表 宣誓〉

令和5年度 離任式

 令和6年3月28日(木)、今までお世話になった、校長先生をはじめ13名の先生方の離任式が行われました。体育館後方にはたくさんの卒業生が・・・。

 「自分の可能性にフタをしないこと。」「人の良い所を盗んで真似してください。」「人に助けてもらえる人になってほしい。」「それぞれの立場で頑張りましょう。」「当たり前のことを当たり前にできる人になってください。」、お一人おひとりから最後の熱いあいさつ、メッセージをいただき、ジーンとくるものがありました。

 花道の中を次のステージへ向かう先生方へ、今までの感謝の気持ちを伝え、別れを惜しみながらお見送りをしました。今までありがとうございました。

 

<花束贈呈> <卒業生> <お見送り>

令和5年度 卒業証書授与式

 令和6年3月1日(金)、本日いよいよ卒業証書授与式当日。天候はあいにくの名残雪からの涙雨。しかし、昨日の学年主任のことば「雨でも寒くても最高の晴れの日にしましょう。」という言葉どおり、厳かの中にも温かみのある式となりました。

 流通経済科9名、情報処理科21名、計30名の卒業生一人ひとりが校長先生から卒業証書証書を授与されました。送辞では遠山航生さんから今までの感謝とエールのことばが述べられ、答辞でも菅原龍二さんから3年間の日々は家族や後輩、先生方のお陰と感謝のことばが述べられました。

 きっとこの卒業生たちなら、校長式辞にあった、ふるさとを大事にしながら新しい挑戦を続け、負けても多くのことを学び、へこたれることなく進んで行くことでしょう。そのような思いを抱かせてくれる卒業式でした。

 

<卒業生入場> <卒業証書授与> <来賓祝辞>
<在校生送辞> <卒業生答辞> <退場時、家族へ花束を。>