一商ブログ

一商ブログ

令和4年度 栗原市民まつり

8月27日(土)イオンスーパーセンター志波姫店の敷地で行われた「栗原市民まつり」に参加しました。3年ぶりの開催ということもあり,会場は待ちに待った地域の方々の笑顔であふれていました。有限会社もちっ小屋でんの販売を手伝った一商生。最初は緊張してぎこちない様子でしたが次第に慣れ,最終的に完売することができました。地域に貢献できた自信と完売した達成感で一回り大きくなった一商生なのでした。

<子供と触れあう生徒> <ねじりほんにょたちと写真を撮る生徒> <販売実習スタート!>
<急遽2年生も参加> <店内のブース> <完売!>

令和4年度 第1回オープンキャンパス

 令和4年8月1日(月)にオープンキャンパスを行いました。オープンキャンパスに来てくださいました28人の中学生と保護者の皆さん,足をお運びいただきありがとうございました!

 内容の一部を紹介すると,情報処理科では「プログラミングを体験しよう」,流通経済科では「オリジナル広告を作成しよう」と題した体験授業を行いました。そのほかにも学校紹介などを行いましたが,一迫商業の魅力は伝わりましたでしょうか?「十分伝わった!」と思っている生徒さんもいらっしゃるかと思いますが,まだまだ伝えられていない部分も実はあります。次回の10月29日(土)の第2回オープンキャンパスにてお待ちしております。当日,体調不良や急用により参加を断念した中学生のみなさんも次回のオープンキャンパスにてお会いできることを楽しみにしております!

<昇降口にこめたん現る!> <お話をするキャストの皆さん> <プログラミングを体験しよう①> <プログラミングを体験しよう②>
<オリジナル広告を作成しよう> <体験授業にこめたん参上!> <素敵な一迫商業>

<『チーム一商』>

<お待ちしています!>

令和4年度 同窓会総会(規模縮小)

 新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し,当初の会席料理丸勝さんで開催予定としておりました同窓会総会を,7月30日(土)本校視聴覚室に会場を変更して実施いたしました。会計報告や予算案などについて協議し,承認されました。参加された同窓生の皆様,ありがとうございました。

令和4年度 夏季講習

 夏季講習は3年生の就職希望者を対象に7月25日から5日間行われました。

 内容は作文,面接,一般常識,履歴書作成等で主に就職試季験に関係することを中心に行いました。今年度の就職希望者は16名と少ないですが,その分個別の指導が充実した5日間となりました。生徒たちは9月16日の就職試験解禁を前に真剣な態度で臨んでいました。

<夏期講習①> <夏期講習②> <夏期講習③>

令和4年度 防災避難訓練

~自分ごととして捉え,真剣に臨もう~ 

 防災の基本的な考えとして,「空振りは許されても,見逃しは許されない」と言われています。この言葉を胸に刻み込むエッセンスとして,今年度から本校ではGoogleクラスルームを活用し,防災に関する学習を行い,いつどんな状況でも対応できる人間に育てていこうという考えで実施しております。

 今回の避難訓練は,「消火訓練・煙道訓練・自力避難困難者の救助」の3点になります。震度5強の地震が発生し,実習棟1階の調理実習室から火災が起こる,複合災害を想定しての実施となりました。

<〔火元確認・消火〕火災発生場所は実習棟1F:調理実習室>

 当日を迎えるまで,Googleクラスルームを通じて,事前に「煙道訓練の方法や考え方」を視聴し,回答を促しました。回答率は全校生徒106名の約30%(生徒30名)と低い回答率ではありましたが,添付された動画や画像を視聴し,生徒たちは真剣に回答してくれました。あえて強制ではなく任意として,どれだけ防災に興味を持ち臨んでくれるかを図っています。1人でも多くの生徒が主体的に防災・減災への取り組みに興味を持ってくれることを願っています。

 そして迎えた当日は,あいにくの雨天となりましたが,避難場所をグラウンドから第2体育館に変更しての実施となりました。(生徒99名と教職員30名のほか中町地区住民6名の計135名が各教室から避難)

 第2体育館では,栗原市栗原消防署西出張所の方より,消火訓練のポイントについて,実際の消火器を用いて詳しくご説明を頂きました。また,教室棟1階では本番さながらの煙が選択教室一帯を包み込み,廊下も白煙で見えないくらいでした。そんな緊迫した雰囲気の中で訓練を実施することができました。訓練後は,Googleクラスルームで災害時における防災・減災のクイズを出題しました。回答率は100%で,訓練時の感想では,「もしも,練習の白煙ではなく本当の黒煙だったらと思うとぞっとします」といった,経験から学び考えるきっかけができたのではないかと感じました。

 最後に,栗原市栗原消防署西出張所の皆様,ご参加頂いた中町町民の皆様,ご協力ご参加頂きまして誠にありがとうございました。

<担架救助 確認1> <担架救助 確認2>

<事務室より 警報>

<自力避難困難者 担架救助>
<消防隊員による消火器使用レッスン> <地域住民参加> <煙道訓練 教室内>

<煙道訓練 教室外>

<煙道訓練参加1> <煙道訓練参加2> <煙道訓練参加3> <煙道訓練参加4>

令和4年度 第26回宮城県高等学校生徒商業研究発表大会

商業研究部 祝 東北大会出場!!

 令和4年7月9日(土)に大崎市松山で開催された,宮城県高等学校生徒商業研究発表大会に,本校の商業研究部が参加しました。「確立していく地域のCYCLE~ふさすぐりがつなぐ栗原の未来~」をテーマに,地域活性化に向けて活動した成果を発表しました。結果は第2位となり東北大会への出場を決めました。商業研究部おめでとうございます!東北大会でも頑張ってください!

<東北大会出場決定!>

令和4年度 起業家研究

 しんこ餅で有名な地元企業「有限会社もちっ小屋でん」の取締役である狩野弘樹さんをお迎えしました。3年生の授業「総合実践」で起業家に必要な能力や熱い思いについて語っていただきました。「まずは感じること。感じたことを表現してほしい。そして感じるためには常に行動、挑戦し続けることが重要だ」と力強く話されました。流通経済科3年の白鳥さんは「地元である金田の由来(金になるくらい良質の米が取れる)を知ることができ誇らしい気持ちになった。高校生の視点で商品開発につながる新たなアイディアをどんどん出していきたい」と目をキラキラさせて話してくれました。

<狩野さんからの講話> <しんこ餅を配る生徒>

令和4年度 薬物乱用防止教室

 令和4年7月6日(水)「薬物乱用防止教室」を実施しました。

 大崎保健所栗原支所の方を講師にお迎えし,薬物についての危険性,自身の体に及ぼす害だけではなく,暴走運転など周りに及ぼす影響も大きい事を学ばせていただきました。有名人の薬物使用のニュースを見ますが,信頼は一瞬でなくなります。遊び半分で薬物を使用して,依存してしまえば取り返しのつかないことになります。手を出さない,誘われても断る,強い意思を持って過ごしていきましょう。

<薬剤師についての説明> <3年生からの質問の様子>
<2年生からの質問の様子> <質問に手を挙げて答える生徒>

令和4年度 1年生保健講話

 令和4年7月5日(火)に,1年生41名を対象に保健講話「デートDV防止講座」を実施しました。
 デートDV予防教育ファシリテーターの田仲昌子様(パープルリボンまゆら代表)を講師にお迎えし,人との安心できる関係とは「対等」で「尊重」できる関係だということや,デートDVの要因となることをわかりやすくお話ししていただきました。
 今後の生活に役立てるために,生徒たちは真剣に話を聞いていました。

講師の先生のお話
<講師の先生のお話>

 

令和4年度 総合実践「起業家研究」(六日町通り商店街 訪問)

 総合実践は,3年生の生徒達が企業実習・販売実習・起業家研究から選択して行う授業です。起業家研究を選択した生徒達は,産業界から求められる人材を目指すべく,地域の方たちと関わりを持つために・・・今回は!

 栗駒の六日町通り商店街を訪問しました。対応してくださったのは,地域おこし協力隊の三浦大樹さんです。これまでの経緯や今後のビジョン,現在取り組んでいることなど様々な話を聞くことができました。最初緊張していた生徒達も徐々に三浦さんの上手な話術で,表情が柔らかくなっていき,笑顔で話を聞いていました。六日町通り商店街の散策もさせていただき,商店街の方々も声を掛けてくださったり,お店を案内してくださったり,温かい商店街でした。後半は楽しんでいた起業家研究の生徒たち!何事もまずは自分達が楽しむことが大切ですね!

 対応してくださった三浦さん本当にありがとうござました。今後ともよろしくおねがいします。これから地域に還元できることを起業家研究の授業で見つけていきたいです。

<地域起こし協力隊の交流> <情緒ある商店街> <入ってみたいお店>
 
<おしゃれなお店> <立ち寄りたくなるお店>  

令和4年度 出前授業(栗原南中学校)

 6/24(金)に栗原南中学校2年生を対象に出前授業を行いました。

 今回は「ビジネスマナー」について,一迫商業の商業科教員がクイズ等を交えながら授業を行いました。2時間という長い時間にもかかわらず,生徒の皆さんは真剣に聞いてくれました。ぜひ、インターンシップで今日の経験を活かしてもらいたいと思います。

令和4年度 総体報告会

 生徒会執行部が主体となって,各部活動の総体報告会が行われました。

 校長先生からは,大会で思わず声を出してしまったエピソードや総合文化祭に出展する美術部に対して激励の言葉を掛けていただきました。

 部長が登壇し,陸上競技部→ソフトテニス部→バスケットボール部→卓球部→バレーボール部→弓道部→ワープロ部→eスポーツ部の順番に報告し,部活動ごとに拍手が響きました。

 今回の大会で引退する3年生は,お疲れ様でした。

 部活動という経験を生かして,次は進路に向けて頑張ってください!

 2・1年生は,3年生の思いを背負って部活動に励んでいってください!

<eスポーツ部報告> <陸上競技部(男子)受賞> <陸上競技部(女子)受賞> <弓道部受賞>
 
<情報処理競技受賞> <ワープロ部受賞> <受賞者登壇>  

令和4年度 命の大切さを学ぶ教室

6月8日(水)に「命の大切さを学ぶ教室」が実施されました。

実体験を通した講師の佐藤様の話から,命の大切さを学ぶことができました。

思いやりを持った行動を心がけましょう。

<整列する生徒たち> <生徒会長の感謝の言葉>

令和4年度 第1回校内模擬面接

 6月7日(火)から6月9日(木)まで校内模擬面接を行いました。今回は「入退室の礼法」と「自己理解に関しての簡単な質問」を行いました。2年生までに練習はしていたものの,3年生になりはじめての面接練習のため,緊張で思うように答えられなかったようです。第2回校内模擬面接に向けて今回の反省をするなど,徐々にではありますが進路への意識が高まっている様子がうかがえました。

令和4年度 出前授業~栗駒中学校~

 6月3日に栗駒中学校2年生を対象に出前授業を行いました。栗駒中学校が行っている企業教育の一環として「魅力的な商品を作ろう」と題し,実施されました。どんな人をターゲットにするのか,どういう価格設定の仕方があるのか,お客様はどんな商品を欲しているのかなどを生徒の皆さんと一緒に考えました。

 栗駒中学校の皆さん,「栗の市」に向け,魅力的な商品作りを頑張ってください!

令和4年度 同窓会役員会

 5月17日(火)の同窓会役員会では,今年度の同窓会総会の開催有無について話し合われました。感染症拡大予防の観点から過去2年の同窓会総会および懇親会は中止としておりましたが,県内でもさまざまなイベントが再開されていることもあり,県の感染症対策を守りながら開催する方向で準備を進めることとなりました。

 今年度の同窓会総会は,7月30日(土)を予定しております。このホームページでもご案内いたしますので,同窓生の皆さまのご参加をお待ちしております。役員の皆さま,どうもありがとうございました。

<役員会の様子>

令和4年度 春季生徒総会

 令和4年度 春季生徒総会が行われました。

 前日遅くまで資料や原稿の準備をしてくれた生徒会の皆さんお疲れ様でした。

 

 司会は,生徒会執行部の副会長のコンビッ!

 2年流通経済科 高橋さんと2年情報処理科 鎌田さんが司会を務めました。

 議長団選出となり、代議員の3年情報処理科 高橋さんと3年流通経済科 遊佐さんが,議事を進行しました。

 

 生徒会執行部からは、令和3年度の活動や決算報告・令和4年度の取組や予算などの説明,各部活動の部長と各委員会の委員長からは,目標や活動計画が全校生徒に報告されました。全校生徒がいる前でステージに登壇する経験をするることにより、緊張の顔が見られましたが・・・さすが!一商生!全員カメラ目線をもらえるほど,しっかり前を見て話をしてくれました。

 次は秋季生徒総会!より良い総会にしていきましょう。

<生徒会執行部(活動報告)> <部活動計画(バスケットボール部)>
<委員会活動報告(交通安全委員会)> <各クラスからの要望>

令和4年度 PTA・教育振興会総会

 4月23日,3年ぶりに対面でのPTA・教育振興会総会が開かれました。会計報告や会則の改定審議などを行い,すべて承認されました。準備運営にあってくださった役員の皆様,参加してくださった保護者の皆様,どうもありがとうございました。

 感染症の心配をせずに,多くの保護者の方々に学校行事に参加していただける日が一日でも早く来ることを願っています。

令和4年度 バイク実技講習会

 4月22日,本日は築館自動車学校でバイク実技講習会が行われました。本校からは5名の参加でした。

 実技講習では,一本橋渡りや緊急ブレーキの講習を受けました。また座学では,交通ルールの確認や,車と違い,バイクの事故は即命に関わるということを教えていただきました。

 道路は歩行者最優先です。常日頃から交通ルールを守り,相手の命,自分の命を守るためにも,慢心せず細心の注意を払いながら,バイク通学をしていきましょう。

<皆でバイクをチェック> <講習会無事終了です>

令和4年度 総体壮行式

 5月に行われる支部総体に向けて総体壮行式が行われました。

 生徒会副会長の高橋雅也君が校旗を持ち選手の先導をしました。

 陸上競技部→ソフトテニス部→バスケットボール部→卓球部→バレーボール部→弓道部

→ワープロ部→商業研究部→eスポーツ部の順に入場しました。

 校長先生からは「Do my best」という激励の言葉をいただき,生徒会長からは「全力で応援しています」という言葉を送っていました。

 どの部活動も自分達の力を信じ,一生懸命に最後まで頑張ってきてください。

 みなさんの活躍を心から期待しています。

 フレーフレー!!一商生!!気持ちで負けるなっ!!

 

<選手入場> <選手整列> <陸上競技部決意表明> <弓道部決意表明>
 
<ワープロ部決意表明> <校長先生から激励> <選手宣誓>  

令和4年度 着こなしセミナー

 4月13日,体育館で全学年を対象とした制服着こなしセミナーが行われました。制服の着こなしはもちろんのこと,制服の手入れについても教えていただきました。

 人は第一印象が8割だと学びました。毎朝鏡を見て,身だしなみを整えましょう!

 3年生は進路が目前に迫っています。今日の講話は,目からウロコの情報がたくさんありました。

 一人一人が一迫商業高等学校の看板を背負っていることを忘れず,今日学んだことを,明日からではなく即実践してみましょう!

 

<真剣に講師の話を聴く様子> <大事なメッセージ>

 

令和4年度 交通安全講話

 4月13日,体育館で全校生徒を対象とした交通安全講話が行われました。

一迫商業高校は,自転車通学マナーアップ指定校になっています。

 自転車通学は,ヘルメットの着用が義務化され,自転車保険にも加入することで通学が認められます。自転車では,自分がいつ事故の加害者・被害者になるか分かりません。万が一のことがあれば家族,友達,たくさんの関わりを持ってきた人たちが悲しむことになります。自分は大丈夫と慢心せず,しっかりマナーを守りましょう。

 命に関わるとても大切な講話でした。家族の方にも講話の内容を話すといいと思います。

 細心の注意を払い,明日からも登校をお願いします

 

<指定書の授与> <交通課の方の話を聞く生徒>

 

令和4年度 新入生オリエンテーション

 4月12日,視聴覚室で1学年を対象とし新入生オリエンテーションが行われました。

 学年の先生の紹介,学年主任による1年間の流れについての話,各部長からのお話がありました。特に高校では何のために勉強するのかを教務部長が話をしているときは,真剣な表情で聞き入っていました。商業科からは,プリントの渡し方や礼法指導など商業高校生として身に付けてもらいたいことを中心に話がありました。

 早く学校に慣れて,学校生活を楽しみましょう。

<プリントの渡し方> <勉強の意味について>

令和4年度 情報モラル研修会

 4月11日,体育館で全学年を対象とした情報モラル研修会が行われました。

 インターネットやSNSを使用する際,SNSで加害者や被害者にならないための対処法やトラブル事例,トラブルに巻き込まれないための方法を学びました。

 生徒の感想には「SNSは言葉一つで人を助けることも傷つけることもできる道具になるんだと思った」や「軽い気持ちで投稿しないようにしたい」などと書かれていました。

 今回の研修会で学んだことをいかして,被害者にも加害者にもならないようにしてもらいたいと思います。

<研修会のキーワード> <注意事項について>

令和4年度 部紹介

 4月11日の対面式の後,部紹介が行われました。

 1年生をより多く勧誘するために,どの部もアピール合戦が続きました。

 部紹介順に紹介すると,

文化部 商業研究部▶ワープロ部▶美術部▶eスポーツ部

運動部 陸上競技部▶ソフトテニス部▶バスケットボール部▶卓球部▶バドミントン部

▶バレーボール部▶剣道部▶弓道部

の全部で12の部活動があります。

 今年度からeスポーツ部とバドミントン部も新設されました。おめでとう!

 どの部活動に人気が出るのか今から楽しみです。

 生徒会執行部の皆さんは,対面式から部紹介まで,お疲れ様でした!

 

<部紹介整列の様子> <商業研究部 ドローン班> <ソフトテニス部> <バスケットボール部>
 
<卓球部> <剣道部> <弓道部>  

令和4年度 対面式

 4月11日に対面式が行われました。初めて2・3年生の前に立つ新入生は,緊張しつつも,どこかワクワクした表情を見せていました。

 新入生代表 流通経済科の白鳥徠琉君は「先輩方が築いた伝統を守り,学業に,部活動に励んでいきたいと思いますので,よろしくお願いします」と堂々と挨拶をしていました。

 2・3年生! 新入生を支えるのは君たちだっ!

 先輩として1年生の模範になりつつも,いろいろと優しく教えてあげてください。

 一迫商業へようこそ!!

<生徒会長挨拶> <新入生挨拶> <生徒会執行部紹介>

令和4年度 入学式

4月8日(金)、令和4年度入学式が挙行され、流通経済科17名・情報処理科24名、計41名が入学を許可されました。体育館に響き渡るほど大きな声で返事をした生徒たちの表情には、高校生活への強い決意が感じられました。彼らの成長が楽しみです。

<入学許可・呼名> <代表生徒・宣誓>

デュアルシステム選択説明会

3月22日(火)2年生対象のデュアルシステム選択説明会を行いました。

本校では3年生になったら総合実践で行う授業を栗原版デュアルシステムとして,

企業実習・販売実習・起業家研究の3本柱で行っています。

この3つの中から,どれが自分の将来にあっているのかを自ら選び1年間実習を

通して,学習報告会を行います。

担当の先生からの説明を聞き,来年度の自分の授業を真剣に模索していました。

 

成年年齢引き下げに伴う講話

3月14日(月)成年年齢引き下げに伴う講話が2年生を対象に行われました。

来年度より18歳以上で成人となります。栗原県民サービスセンターの消費生活

相談窓口の方が来校して消費者トラブルについての講話をいただきました。

契約の際に親の同意なしでの契約や未成年取り消しができなくなる点を

詳しく説明していただきました。

進路学習日

3月9日(火),1年生は3,4校時に学校でオンラインによる進路ガイダンスを受けました。2年生は栗原市の企業連絡協議会が主催するものづくり地域企業見学会に参加しました。2年間,新型コロナウイルスの影響で実施できませんでしたが,今年からまた再開されました。

企業は「太平洋工業株式会社栗原工場」「株式会社宮城化成」「株式会社東北イノアック築館工場」に訪問し,生徒が地元企業に対する理解を深めていました。生徒は直接,現場の雰囲気に触れることができ,製造業について詳しく知ることができたようでした。

卒業式

3月1日(火),本校体育館で第49回卒業式が挙行されました。

今年度の卒業生は44名です。44人がそれぞれの道に向かって歩み出す1日です。

一迫商業高校で学んだことを,今後の生活や実社会で活かしていってください。

卒業おめでとうございます。

音楽発表会(3年生)

3年生の音楽の授業で発表会が行われました。

1時間目が3年2組、2時間目が3年1組で、各クラスのグループ毎に演奏会を行いました。

グループ毎に楽器やパフォーマンスなどそれぞれが工夫をして1年間の成果を発表しました。

2年栗原ジョブフェア

1月28日(金)の午後から栗原みちのく伝創館で2年生を対象とした栗原ジョブフェアが行われました。

本校2学年の生徒全員参加で栗原市内の企業からお話をいただく貴重な機会となりました。

今週から2年生の進路面談が始まりましたが,今回のジョブフェアが2年生の刺激になっているようです。

デュアルシステム学習報告会

1月21日(金),感染症対策を行いながら,ふれあいホールでデュアルシステム学習報告会を行いました。

2年生のインターンシップと3年生の企業実習・販売実習・起業家研究の取り組みについての報告会となります。

2年生は,薬王堂・栗原市役所・保育園でインターンシップを実施した生徒が代表者として報告を行いました。来年度の就職の意識付けや働く上で大事なことなどを実際に働き企業の方から教えていただいたことを全体に報告しました。

3年生は起業家研究・販売実習・企業実習の3分野に分かれての報告となりました。企業実習では,各事業者で,実際に学んだことを実演しながら報告していました。販売実習は,2つのグループに分かれて販売したいものや売れそうなものを企業から実際に仕入れて販売するまでの過程を報告していました。起業家研究では,六日町商店街ともちっ小屋でんさんのグループに分かれて,企画・提案を行い,実証し検証した結果を報告していました。協力いただいた企業や関係の方々、本当にありがとうございました。

 

   
         
         

栗原市医師会へ寄付

12月20日、総合実習の授業の中で行われている販売実習で得た売上金の全額6万519円を栗原市医師会に寄付させていただきました。販売実習は11月に「あやめの里」で2回にわたって行われ,長蛇ができる好評ぶりでどちらも完売でした。販売実習の生徒2名が直接,手渡しで寄付金を渡すことができました。寄付金はコロナ対策の一部として使用されるそうです。

起業家研究(もちっ小屋でんさん)

12月16日(木)

3年生総合実践の授業で起業家研究班10名が,閉店後の有限会社もちっ小屋でんさんに訪問しました。もちっ小屋でんさんのご協力のもと,この1年に渡り,何度も訪問させていただきました。今回は,店内のディスプレイを“目と耳で楽しむ“をテーマに,自分達が考えたアイデアの試作品を持って訪問しました。

 

どんなディスプレイを計画しているかと言うと

店内の電気に

商品の値札のデザインを・・・

店内からはなんと音楽が・・・

あ!ぜひ年明けに完成しましたら,またこちらのブログで報告いたしますので,楽しみにしていてください!

クリスマスが近いので,クリスマスツリーにみたてた

ねじりほんにょも飾りました。

ぜひ,お店に足を運んでみてください。

2学年進路ガイダンス

12月21日(火)に2学年で進路ガイダンスが行われました。それぞれの進路に進むためにどのような心構えをすればよいか,最新の就職・進学の状況を交えながらお話をもらいました。話を聞くだけではなく,時には手を動かすグループワークや,避けては通れない就職面接を模擬的に実施するなど充実した1日を過ごすことができました。

食育教育

12月20日(月)に家庭科の授業で食育教育が行われました。3年生全員が対象となり,卒業後にひとり暮らしをする際に,栄養を考えた献立やカロリーの計算などに役立てることが趣旨となってます。生徒は今晩の夕飯を700キロカロリー内に収めるために,グループで話し合いながら献立を考えていました。ぜひ卒業後にいかしてもらいたいです。

2学年修学旅行代替行事

12月14日(火),2年生修学旅行の代替行事が行われました。

新型コロナウイルスの影響で,予定していた修学旅行に行くことができない代わりに代替行事となりました。行き先は日帰りで,旧荒浜小学校と仙台うみの杜水族館,松島散策となりました。

旧荒浜小学校では,震災遺構を見て地震と津波の恐ろしさを感じるとともに,当時6歳だったときの記憶がよみがえった様子で,真剣に話を聞いていました。語り部の方からは,話をきちんとした態度で聞いてもらい良かったと講評をいただきました。

仙台うみの杜水族館ではイルカショーを見た後に館内を見てまわりました。

松島散策では,班ごとに計画を立てて日本三景の松島を堪能していました。

インターンシップ

9月に実施する予定だった2学年のインターンシップは,新型コロナウイルスの影響により12月に延期して実施しました。インターンシップの実施には,地元各企業の理解と協力を欠かすことができません。この場を借りて感謝申し上げます。

3日間という短い期間でしたが,生徒に話を聞くと「1日目にはできなかったことが3日目にはできるようになった」という意見が多く充実した活動ができたようで,また一歩社会人に近づいたようです。

六日町通り商店街イベント

21日(日)栗駒六日町通り商店街のイベントに起業家研究班10名が参加しました。キッチンカーがやってくるイベントは今年度で最終回。生徒は通りに立って自作看板とバブルマシーンを活用し、お客様を誘導・案内しました。みちのく風土館では生徒が企画した「シャボン玉イベント」を実施。子供たちが夢中で駆け回り、笑顔ではしゃいでいました。あるお客様は「コロナ禍で子供の遊び場が制限されていたが、生き生きと遊ぶ子供の姿が見られて良かった」と笑顔で語ってくれました。地域を元気にできたという手応えを感じ、満足げな表情で活動を終えた一商生なのでした。

芸術鑑賞会

一迫ふれあいホールで芸術鑑賞会が行われました。今回のジャンルは音楽でした。新感覚民謡というテーマでNeoBallad(ネオバラッド)さんに演奏していただきました。席を1つずつ空けて新型コロナウイルス対策を行って実施しました。

演奏終了後,2年生の千葉聖也さんが「民謡は聴いたことのないジャンルでしたが,現代風にアレンジされていて,とても聴きやすかったです。昨年,新型コロナウイルスの影響で開催されなかったので,今年開催されてNeoBallad(ネオバラッド)さんに会うことができて,とてもよかったです。」とお礼の言葉を伝えていました。

NeoBallad(ネオバラッド)さん,ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

出前授業~志波姫中学校~

11/18に志波姫中学校2年生を対象に出前授業を行いました。

商業科の教員が「ビジネスマナー」について授業を行い,中学生は非常に立派で真剣に学んでくれました。

ビジネスの心構えとして「笑顔」と「気配り」を忘れずに日常を過ごしてもらいたいです。

防災避難訓練

11月15日の5,6校時に防災避難訓練を行いました。今回は地震の影響による火災を想定して行われました。

6校時はハザードマップを地域の方々に配布する予定でしたが,あいにくの雨で配布活動はできませんでした。

後日,近隣住民の方には配布予定です。ぜひご覧ください。

ハザードマップのダウンロードはこちら

第2回 きてけさいん In あやめの里 

11月11日(木)の14:00~16:00の時間帯であやめの里を会場に販売実習を行いました。

生徒が仕入れから販売まで行うことで実際の取引を体験させるのが目的です。

今回も好評につき1時間でほぼ完売となりましたが,15時以降に足を運んでいただいたお客様に満足のいく提供ができず大変申し訳ありませんでした。

今後とも仕入れ数などを検討して販売実習を行っていきますので,またの機会にぜひ御利用ください。

ロードレース大会

11月6日(土)にロードレース大会が行われました。晴天に恵まれ絶好のロードレース日和となりました。

登校時には保護者の方々と朝のあいさつ運動を行いました。参加された保護者の皆様ありがとうございました。

男子は14km,女子が10kmを走りました。特別ゲストとして校長先生と事務室の主事さんが参加し,生徒の刺激となっておりました。ロードレースとは自分との戦いであり,走っている間は辛い時間かもしれませんが,”走りきった”経験は必ず自信になります。

次々とゴールする生徒に声援を送りあい、目標にしていた全員が2時間30分以内の完走も達成することができました。ゴール後は,ペットボトルの飲み物ともちっ小屋さんの”こめていら”(本校とのコラボ商品)をおいしそうにほおばっていました。

 

きてけさいん In あやめの里

11月4日(木)の14:00~16:00の時間帯であやめの里を会場に販売実習を行いました。

生徒が仕入れから販売まで行うことで実際の取引を体験させるのが目的です。

今回はもちろん完売花丸でした。

次回は別な実習班が11月11日(木)の14:00~16:00に販売実習を行います。

ぜひ”きてけさいん”

第2回オープンキャンパス

中学校6校のうち中学1年生2名,中学3年生15名,保護者11名の計28名が参加くださいました。

 

昨年度より一商検定と題して第2回目のオープンキャンパスを実施しております。

競技種目はWordソフトを使用した「オリジナル原稿を速度10分・簡単な文書操作15分」の2種目、Excelソフトを使用した「簡単で実社会でも使えるExcel使用」の1種目の計3種目を行いました。

手順や説明が終わったあと、与えられた時間内に実践し各種それぞれ採点を行い、基準に応じて“キラキラシール(満点)”・“金シール(8~9割)” ・“銀シール(~7割)”を賞状に貼らせていただきました。

最後の表彰式では、学校長より一人一人の賞状授与を行いました。

今回、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。ぜひ、一商へ入学してください!!お待ちしております!

オンライン学校

本日,今年度2回目のオンライン学校が開催されました。生徒は自宅にいながら,オンラインで先生の授業を受けました。分からない所を質問したり,自分の考えを発表したりしていました。本校生徒は操作にも慣れており,難なく課題を提出していました。さすが一商生ですね。3年生の小野寺さんは「黒板に書いたことを画像で送ってもらえるので,書き漏らしが減って良かった」。庄司さんは「見ている画面が小さくて大変だったが,何とかいつも通り授業を受けることができた」と話してくれた。一商では生徒が社会に出てからも活躍できるように,ICT活用能力を実践を通して学習しています。

プログラミング授業(選択B)

マイクロビットを使用してプログラミングの授業が行われました。生徒たちは,初めてマイクロビットに触れましたが,5校時に使い方を覚えて,6校時に各自の作品を作成していました。

スープグランプリ

マルちゃんでお馴染み、東洋水産主催の「スマイル“フード”in東北プロジェクト2021」にオリジナルスープメニューを応募した1年1組の精鋭たち。地域の食材を使ったオリジナルレシピを考案し、実際に自宅で調理。今回、自慢の味を応募しました。その結果、なんと・・・「予選落ち」。しかし、参加賞として「赤いきつね」を3ケースいただきました。好評価を受けた高橋さんは「グループで活動することで、自分にはない意見が出て、発想が広がったので高評価をいただいたと思います」と謙虚に答えてくれました。また、福原さんは「改めて宮城県や栗原市の食べ物を知り、やはり地元は良いな」と笑顔で答えてくれました。

もぐもぐサタデー

10月23日(土)、栗駒六日町通り商店街のイベント「もぐもぐサタデー」に参加してきました。参加したのは3学年授業「総合実践」の「起業家研究班」選択者9名です。今回のミッションは「山の駅」のイベントに来たお客様を商店街へ呼び込むことです。生徒は高校生らしい発想で看板とシャボン玉を組み合わせ、お客様の目を引きつけていました。庄司さんは「駐車場から来るお客様に笑顔で呼び込みをし、寄っていただくことができました」と自信いっぱいに答えてくれました。曽根さんは「キッチンカーの店長に『本当に助かったよ』とお誉めの言葉をいただきました」と嬉しそうに答えてくれました。

皆さんもぜひ、ホームページで検索して、「もぐもぐサタデー」に参加しましょう!

 

大好評発売中!!

私たち商業研究部は,昨年度から継続して『花山ルビィふさすぐりプロジェクト』を行っています。昨年は期間限定でふさすぐりフェアを実施しましたが,今年は“通年で販売できる商品開発”を行っています。商品開発検討会では,フードコーディネーターのカワシマヨウコ先生にご指導をいただき,花山地域の方々と検討会に参加しました。栗原市築館の喜久乃屋さまのご協力により,10月中旬より「道の駅 路田里はなやま自然薯の館」および「花山温泉 温湯山荘」で,花山ルビィふさすぐりを使った商品を販売中です!日ごろの学習の成果を生かし,実際に売り場の作成も行っています。お近くにお立ち寄りの際は,ぜひお買い求めください!

石楠花祭2021

今年もコロナウイルスの影響で残念ながら一般公開はありませんでしたが,本校文化祭である「石楠花祭」を無事行うことができました。

今年のテーマは”百花繚乱~絆を深めて,思い出をつくろう~”

今年は新たに一商IPPONグランプリが加わり,例年以上に盛り上がることができました。

 1日目

 ダンス・カラオケコンテスト  ダンス・カラオケコンテスト ビブリオバトル 
IPPONグランプリ 仮装コンテスト 仮装コンテスト

 2日目

模擬店調理 模擬店 模擬店販売
美術部によるプラネタリウム 心からの手紙コンテスト eスポーツ

来年は皆さんとともに

英語スピーチコンテスト 第2位入賞!!

10月13日(水)に仙台市シルバーセンターで行われた『第39回 宮城県商業高等学校英語スピーチコンテスト』に、3年生の小野寺さんと2年生の白鳥さんが出場しました。二人はレシテーション(暗唱)に挑戦し、ジェスチャーを交えながら堂々とスピーチを行いました。全国大会への出場権は得られませんでしたが、白鳥さんが2位の優秀賞を受賞しました。

3年生バイパス除草

3年生によるバイパス除草作業が行われました。毎年恒例の行事で,生徒は一生懸命に草を取っていました。3年生の松田さんは「時間を忘れるくらい熱中して草を取り続けました。なぜか心が軽くなったような気がします」と心穏やかに話してくれました。一商の校訓である「奉仕」の心が磨かれ,成長できた一日でした。

交通安全講話

第2期考査終了後に交通安全講話が行われました。

今回は事故が起きる様子をスタントマンの方が実際に再現してくださいました。

どのようなときに,どのような危険があるのかを実際に見せていただきました。

生徒たちは今後より一層,自転車に乗る際には注意してもらいたいと思います。

決起集会

9月3日(金),3学年就職希望者による「決起集会」が行われました。大宮司校長は「元気がない人」と「元気がある人」の挨拶の違いを生徒の前で演じ,「面接は相手がどう思うかが大事」と激励しました。代表生徒の小野寺さんは「これまでお世話になった先生方や支えてくれた家族,そして何より自分のためにも,これまで勉強してきた成果を存分に発揮し,第一希望の企業から内定をいただけるよう頑張ります」と力強く宣誓しました。就職試験本番まであと2週間を切りました。一商生よ,悔いの無いよう自分の人生を切り拓いてほしい。

祝 東北六県生徒商業研究発表大会 優秀賞

8/21(土)青森市で行われた東北六県生徒商業研究発表大会に,本校の商業研究部が参加しました。「KURIHARA高校生プロジェクト~地域と連携し,持続可能な栗原市へ~」をテーマに,地域おこし協力隊や栗原農業改良普及センターの方々と地域活性化に向けて活動した成果を発表しました。結果については,惜しくも全国大会への出場は叶いませんでしたが,上位校に与えられる優秀賞を受賞しました。感染症対策で表彰式は行われず,先日,賞状と盾が届きました。商業研究部おめでとうございます!

就職達成セミナー

8/20(金)本校を会場に「就職達成セミナー」が開催されました。この取組は宮城県の委託事業で進路達成の支援を目的としたものです。具体的には企業の方が来校し,お辞儀や言葉遣いなどの基本的なマナーと実践的な面接練習をご指導いただきました。就職希望者25名が参加し,就職試験本番さながらの緊張感を持ってのぞんでいました。曽根さんは「コロナの影響でマスク着用の面接になる。目元でも笑顔を作り,笑顔を表現したい」と話してくれました。亀卦川さんは「早口を直せば,言いたいことがもっと相手に伝わると助言をいただいたので,改善していきたい」と謙虚に語ってくれました。就職試験まで,あと4週間を切りました。最後の追い込みに期待します。頑張れ3年生!

栗駒六日町商店街「モノづくり体験教室」

授業でもお世話になっている地域おこし協力隊主催の「モノづくり体験教室」に参加してきました。今話題の最新機器「3Dプリンタ」「カッティングマシーン」「レーザーカッター」を使って、自分たちがデザインした絵をオリジナルステッカーやコースターに作り変えました。仙台市以外にも全国各地でこのような取組が行われているようです。手軽に何かを製造できることは「商業(ビジネス)」の可能性をグーンと高めてくれますね。楽しすぎて、あっという間の90分でした。

同窓会臨時役員会(総会代替)

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、今年度も同窓会総会は中止としました。代替となる臨時役員会が令和3年7月29日(木)、本校視聴覚室で開催されました。会計報告や予算案などについて協議し、承認されました。参加された役員の皆様、ありがとうございました。

インターンシップ事前打ち合わせ

本日、「2学年インターンシップ」の事前打ち合わせがありました。生徒が名刺交換と自己紹介をした後、当日の持ち物や仕事内容などについて伺いました。2年生の佐藤さんは「創業はいつか?」「しんこもちの特徴は何か?」など積極的に質問をしていました。「過去の大きな失敗談は何か?」という大胆な質問には、「失敗の連続ですよ。でも、失敗があるから、次は工夫するんです」と笑顔で語ってくれた。とても深い学びでした。9月7日から3日間、2年生全員が企業で実習を行います。実習を通して、たくましく成長してほしい!

ネット被害防止教室

ネット被害防止教室が,視聴覚室,情報処理室1・2で行われました。本来は体育館で行われる予定でしたが,猛暑のためエアコンの効いている教室を使用して,3年生の視聴覚室が主教室となり,情報処理室1・2はオンライン配信という形をとり実施しました。

ネット被害は誰もが被害者にも加害者にもなり得ることを伝えられました。SNSによる言葉の行き違いや許可されていない写真を勝手にアップロードすること,ネットにあげたものは消えることのないというお話をいただきました。

簡単にSNSなどに投稿することは,場合によっては他人だけでなく自分の人生も変えかねないことを聞いて,生徒たちは「慎重に使わないと人を傷つける道具になる」ということを意識していたようでした。

「誰も傷つけない,いじめは絶対にいけない」を心に刻んで学校生活を送りましょう。

 

インターンシップ事前電話

「あー,緊張したー」電話を切った後,素直に出た安堵の言葉だった。9月7,8,9の3日間で実施する「2学年インターンシップ」事前打合せのアポイントメントを生徒が電話で行った。電話した佐藤さんは「緊張したがしっかりと受け応えできた。授業で学んだことが生かされたので良かった。実習本番では少しでも企業の利益となるよう貢献したい」と笑顔で答えてくれた。勉強したことを実践に生かし,夢を叶えられる高校。それが一商なのだ!

接客マナー講習会

本日、3年生の授業「総合実践」で接客マナーについて学習しました。講師には株式会社スマイルアップの大原みよこ様をお迎えしました。大原様は元JALのキャビンアテンダントであり,プロの視点から接客マナーを指導していただきました。販売業を志望している曽根さんは「第一印象が大事であることが分かった。お客様にまた来たいと思っていただけるような接客を心掛けたい」と目を輝かせながら話してくれた。介護職を希望している中鉢さんは「思いやりの心を行動で示したい。行動しないと相手に伝わらない。利用者さんにも思いやりの心で積極的に接していきたい」と胸を張って堂々と答えてくれた。本物のプロから学べる一商って素敵だね!

スポーツフェスティバル

7月8日(木)・9日(金)にスポーツフェスティバルが行われました。

競技は、長縄跳び・フットサル(雨天:囲みドッチボール)・バスケットボール・バドミントン・選抜リレーでした。今年はあいにくの雨でフットサルが囲みドッチボールになりましたが、どの競技も熱戦が繰り広げられました。

 今年は、感染症対策として、第一体育館では、長縄跳びとバスケットボール、第二体育館一階では囲みドッチボールと二階ではバドミントンが行われました。また、GoogleのMeetを使用して観戦も行いました。

 開会式とEX体操

長縄跳び

囲みドッチボール

バスケットボール

バドミントン

選抜リレー

エキシビジョンマッチ(生徒優勝チームVS教員チーム)

薬物乱用防止教室

本日は、栗原保健所のご協力の下、薬物乱用防止教室が行われました。薬物が身体に及ぼす影響について、わかりやすく説明していただきました。また、最後には質疑応答が設けられ、3年生1名と1年生1名から質問に対して丁寧にお答えいただきました。

デートDV防止教室

1年生を対象としたデートDV防止教室が行われました。人との安心できる関係づくりのためには、対等であり、尊重しあえることが大切だというお話をいただきました。一緒にいても緊張がなく、恐怖がない関係を築くために、今回の講話を参考にして、DVのない関係を築いていってもらいたいです。

珠算電卓・簿記検定 合格発表

「やったー!」廊下に鳴り響く歓声。先日実施された「全商珠算・電卓実務検定試験」と「簿記実務検定」の合格発表がありました。商業の科目は高校から始まります。1年生は、「全商珠算・電卓実務検定試験」の普通計算部門1級を目指して約3ヶ月間、授業や朝学習に取り組んでいました。また、2・3年生も検定に向けて朝学習や放課後学習、土曜日の学習会に積極的に参加し、合格を目指して頑張っていました。

 

起業家研究(六日町商店街)

今日も六日町商店街でフィールドワークだ!前回、地域おこし協力隊の齋藤さんからの「想い」を共有しました。「なんとか六日町を活性化させたい!」と燃えている生徒たち。チームで課題と目標、その手立てを考えてきました。今日は、ついにそのプレゼンの日です。緊張しながらも「PR動画のコンテンツがないので作りたい」や「商店街それぞれではなく、協力して何か1つのものを作って統一感を出したい」などの提案がありました。齋藤さんからは「目の付け所は間違っていない。協力するのでどんどん挑戦してほしい」と激励の言葉をいただきました。今日も生徒にとってワクワクが止まらない授業でした。商業って本当におもしろい!

商業研究発表リハーサル

「商業研究部」が本日リハーサルを行いました。今年度は「KURIHARA高校生プロジェクト」と題し、栗原市の持続可能な社会を目指した1年間の活動を発表してくれました。皆、堂々と自信を持って発表しており、引き込まれるような内容でした。来週土曜日はいよいよ県大会。東北大会常連校の我らが商研部、今年度も実力を発揮し東北大会の切符をつかんでくれるに違いない。みんなで応援しましょう!

喫煙防止教室

LHRの時間を利用して喫煙防止教室の講話が行われました。

栗原市の喫煙率や飲酒割合なども合わせて教えていただきました。

喫煙は健康に害があるだけでなく、美容にも影響を及ぼすことも

知ることができ、生徒たちは真剣に聞いていました。

ミッションスタート!

「オリジナルスープメニューを開発せよ!」1年1組の精鋭9名に課されたミッションです。マルちゃんでお馴染みの東洋水産が主催しているコンテストに、商業科目「マーケティング」の授業で取り組んでいます。「地元の食材って何だろう?」「この食材だと価格が高すぎてしまう」「果たしてこの食材はフリーズドライに向いているのだろうか?」など、生徒は楽しみながらも頭をフル回転させてアイディアを考えていました。「商業の授業って、本当におもしろくて役に立つ!」改めて実感する一商生なのでした。このコンテストで優勝したら商品化されます。応援よろしくお願いします!

令和3年度 県総体大会報告会 賞状伝達

県総体に参加した部活の部長から大会結果の報告を行いました。

3年間の集大成を発揮できた部活もあれば、思うような結果を出せなかった部活もあったようです。

ですが、悔いなく終えることができ、また新たな目標ができた部活もあるようなので、

ぜひ、この悔しさを新人戦にぶつけてもらいたいです。

3年生は今回の大会で引退となりますが、3年生の思いを背負って残された部員は

新人戦に向けて頑張ってもらいたいです。

 後半は賞状伝達が行われました。

入賞した生徒の皆さん、おめでとうございます。

今後も自己ベスト更新、入賞を目指して頑張ってください。

 

東北大会壮行式!

6/19~6/22に岩手県北上市で開催される東北大会に向けて、壮行式を行いました。

校長先生と生徒会長からの激励の言葉を受けた後、大会に出場する3年生の松田桐耶君が

意気込みを語りました。

学校の代表として、自己ベストを出せるように精一杯頑張ってきてください。

生徒、職員全員で応援しています!

 

いよいよフィールドワーク開始!

6月3日(木)3年生授業「総合実践」で一商生が栗駒六日町商店街を訪問しました。今回は、地域おこし協力隊の方からの熱い思いを共有し、商店街を歩きながら雰囲気を全身で味わってきました。生徒からは「今後の商店街が目指す姿、理念は何ですか?」や「どのようなPR活動を行っていますか?」など一商で学んだことを質問に生かしていました。今後も商店街に足を運んで楽しみながら学んでいきます。今後の起業家研究班に乞うご期待!

 

 

出前授業~栗駒中学校~

6/4に栗駒中学校2年生を対象に出前授業を行いました。

商業科の教員が「魅力的な商品とはなにか」について,クイズ等を交えながら授業を行い,中学生は楽しく学んでくれました。

祝!!東北大会出場

5/28~5/31に県総体陸上競技が行われ,本校陸上競技部も参加しました。選手全員が全力を尽くし,競技に挑み,多くの選手が自己記録の更新をすることができました。

さらに,3年生の松田桐耶君が「やり投」で6位に入賞し,東北大会出場を決めました。

東北大会は6/19~6/22に岩手県北上市で開催されます。引き続きの応援よろしくお願いします。

宮城栗原あれこれてんこ盛りフェア

5月23日(日)一商生が栗原市内のイベント「宮城栗原あれこれてんこ盛りフェア」のお手伝いをしてきました。今回のイベントはコロナの影響により延期していたイベントで皆が待ちに待ったものでした。一商からは全学年から精鋭16名が参加しました。栗駒名物のしそ巻きを販売した1年生の佐藤さんは「自分の人見知りの性格を改善したくて参加した。徐々に慣れてくると大きな声が出るようになってやる気が湧いてきた」と堂々と答えてくれました。アンケート調査をした3年生の菅原さんは「コミュニケーション能力の大切さを実感した。自分から積極的に行動しないと始まらないことが分かった。これからの進路についても積極的に行動していきたい」とまっすぐな眼で答えてくれました。3年生の飯川さんは「立ち仕事に慣れていないため大変だったが積極的に声を掛けた。人助けするのが好きなので今後もボランティア活動に参加していきたい」と真摯に答えてくれました。3年生の小野寺さんは「自分よりも年上と働く上でのコミュニケーションの取り方を学んだ。目線を相手に合わせて下げたり、アンケート用紙を指で差しながら説明したり工夫することで、お客様の立場になって声掛けする大切さを学ぶことができた」と笑顔で答えてくれました。「体験から学べる唯一の高校」それが一迫商業なのです。

       

オンライン学校(1学年)

「えっ、教室に人がいない!学級閉鎖???」いやいや、違います。本日(5/25)はオンライン学校の日です。オンライン学校とは県内初の取組で、生徒が自宅にいながら、時間割どおりに授業を受けるものです。本日は1学年を対象に行いました。通信に関して心配な生徒は登校し、学校にあるipadを活用して同じように授業を受けています。まず生徒はclassroomというアプリから各教科のクラスに入って授業動画を見ます。時間内に指示された課題に取り組み、取り組んだものを写真で撮って先生に送ります。一商の生徒は情報リテラシー(情報活用能力)やICT(情報通信技術)能力が高く、トラブルもなく、スムーズに授業を受けることができました。今月末までに2学年と3学年も同様に取り組みます。

R3 春季生徒総会

令和3年度の春季生徒総会が行われました。

各部活動の部長,委員会の委員長が活動計画と実績の報告を行いました。

生徒側の要望があり,1件が認められました。

一人ひとりが意見を出して学校をより良くしていきましょう。

オンデマンド授業

5月18日(火)一商オンライン学校がスタートしました。一商オンライン学校とは不測の事態で休校することを考え、生徒が自宅にいたままでも学習を続けられる取組のことです。本日は、生徒が登校した状態でスマホやタブレットを用いて、一人で授業に取り組めるかどうかを確認しました。1学年生徒からは「授業動画が分かりやすく、楽しく授業を受けられた」「授業が終わった後でも、何度も動画を見直せるので復習がしやすい」「学習した内容を撮影し画像を送信できた。先生からのコメントでアドバイスもすぐにもらえるので、理解力が上がった」という感想があった。一商生は将来ビジネスの場面でICTを活用できるように、日々実践しながら学習しています。来週はいよいよ本番です。自宅にいながら、授業ができるのでしょうか。やれば、できる!

令和3年度 対面式・部紹介

4月9日(金),体育館で対面式と部紹介が行われました。緊張した面持ちで先輩と対面した新入生。

対面式の後は部活動紹介が行われ,先輩たちはスライドや実演で部活動を紹介し,新入生獲得へ向けてアピールをしました。

令和3年度 情報モラル教室

令和3年4月9日,体育館で全学年を対象とした情報モラル教室を行いました。

インターネットやSNSを使用する際,トラブルに巻き込まれない方法やSNSで被害者や加害者にならないための方法を中心にお話がありました。

今回の情報モラル教室で学んだことを今後の生活でいかしてもらいたいと思います。

 

令和3年度 入学式

令和3年4月8日、体育館での入学式が2年ぶりに挙行されました。規模を縮小しての実施でしたが、来賓の方々や保護者、職員の温かい拍手で新入生を迎え入れられたことは大きな喜びでした。また、入場する新入生の表情からも“一商に入学するんだ”という自覚が芽生えている様子をうかがうことができました。

座席は密を避け、間隔を開けて設置されましたが、呼名の時の返事は体育館中に響き渡りました。33名(流通経済科9名、情報処理科24名)と少数ですが、その返事に頼もしささえ感じられました。

大宮司校長から晴れて入学を許可され、新入生代表の佐藤晃斗さんは、これからの高校生活に向けて、決意を込めて力強く宣誓しました。

今年度も一商生の成長から目が離せません!『一商ウォッチ』今後ともよろしくお願いします。

令和2年度デュアルシステム学習報告会

 1月22日(金),一迫ふれあいホールにて令和2年度デュアルシステム学習報告会が行われました。

2学年の「インターンシップ」,3学年選択B学校設定科目の「企業実習」,3学年の科目総合実践内での「起業家研究」「販売実習」がそれぞれ今年度の学習の成果を発表いたしました。コロナ禍の中,思うように進まない部分も多かったと思いますが,期待以上の成果を発揮できました。

オンラインSHR

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 さて1月5日(火)、全校生徒を対象にオンラインホームルームを試験的に行ってみました。新型コロナウイルス感染症による臨時休校に備えた訓練です。生徒は自宅や部活動場所など各自の場所でZoomアプリを活用し連絡を取り合います。各学年主任が、新年の挨拶や明日の登校日の連絡などを生徒の表情を見ながら伝えていました。また、Google formsを活用し、生徒の体調管理をオンライン上で行いました。初めての取組でしたが、スムーズに行うことができました。

KGタイム

 12月10日から23日に掛けて、本校のスペシャル授業「KGタイム」が行われました。KGタイムとは基礎(K)学力(G)向上のための特別な時間です。国語・数学・英語を中心に、中学校までの学習内容をもう一度確認し深める内容になっています。学年毎にクラス分けをし、担当の先生が少人数の生徒に丁寧に指導します。

1学年の遊佐さんと及原さんは「今日は式の展開や因数分解を学習しました。先生から丁寧に教えてもらい、一人で学習するよりも理解できました。図などを使った説明が特に分かりやすかったです。冬休み明けのテストに向けて勉強を頑張りたいです。」と力強く答えていました。

一商生には、基礎学力をしっかりと身に付けた上で、資格取得に挑戦し、自分の進路達成へとつなげてもらいたいです。ともに頑張ろう!我々はチーム一商だ!

バイク実技講習会

 10月14日(火)に築館自動車学校にて,バイク実技講習会を実施しました。台風による天候も心配されましたが,日頃の行いが良かったようで,すばらしい秋晴れの下での講習会となしました。運転前の点検方法をはじめ,基本的な走行練習や危険回避の方法などについて,とても分かりやすく教えていただきました。生徒たちも真剣な眼差しで集中して聞いている様子が見られました。生徒たちにとって,安全運転を改めて意識する貴重な機会となりました。築館自動車学校の皆様,ご指導本当にありがとうございました。

販売実習

 3年生の総合実践「販売実習班」の28名が11月5日と19日の2回に分かれて,一迫町内の「あやめの里」の軒下をお借りして販売実習を行いました。両日とも大盛況で生徒たちが仕入れた商品はすべて完売することができました。町内でのアンケート調査からはじまり,商品検討や商品の仕入れ交渉の電話,FAXでの注文書のやり取り,商品POPの作成,販売をすべて生徒たち自身が実践し学ぶことができました。協力いただいた皆様,本当にありがとうございました。

3学年就職決起集会

 10月5日(月)、いよいよ3学年就職希望者による「決起集会」が行われました。今年度の就職希望者は全体で36名。今野校長からの激励に対して、狩野さんが力強い声で宣誓してくれました。「私たち就職希望者は、就職試験対策の面接やグループワークなどをしてくれた先生方に感謝し、第一希望の企業から内定をいただけるよう精一杯頑張ります」と、感謝の気持ちと決意を宣言した狩野さんに対して、周囲から大きな拍手が沸き起こりました。

 「今の気持ちは正直緊張しているけれど、今日の宣誓で『よし、絶対に受かるぞ!』という気持ちになった。先日のロータリークラブの面接会で社長から5段階中4という良い評価をいただいた。これから本番まで練習を積み重ね、調整していきたい」と自信に満ちあふれた表情で語ってくれました。

商業研究部

 商業研究部では栗原市を盛り上げるために日々研究を行っています。今年度は花山ルビィふさすぐりのPRの一環として,PRグッズのデザイン作成を行いました。宮城県栗原農業改良普及センターの方と一緒に,講習会やワークショップなどに取り組み,先日ついにデザインが完成いたしました!また,活動の様子が下記のホームページに掲載されました!

〔宮城の農業普及現地活動情報 栗原農業改良普及センター〕

 

 また,9月19日(土)~10月10日(土)までの3週間限定で『花山ルビィふさすぐりフェア』が開催されます。栗原市,仙台市,大崎市の洋菓子店等14店が参加し,花山ルビィふさすぐりを使用したケーキ,焼き菓子,ジェラート等のスイーツを期間限定で販売します。ぜひこの機会にご賞味ください!詳細は宮城県のホームページ等をご覧ください。

〔花山ルビィふさすぐりフェア〕

https://www.pref.miyagi.jp/site/khnokai/event.html

 

就職達成セミナー

 8月20日(木),本校会場により3年生の就職希望者を対象に「就職達成セミナー」が開催されました。今回はアレグリア有限会社の手戸様からビジネスマナーや採用試験で役立つ自己PRの作り方,面接の方法について講話をいただきました。その後,3つの部屋に分かれ,面接練習まで行いました。

 建築業を希望している阿部さんは「外部の方との面接は今回が初めてで緊張した。しかし,野球部で3年間学んだことを自己PRでスラスラ話すことができた。校内模擬面接で練習してきたことが生かされて良かった。」と自信を持って答えてくれました。

 アパレル業を希望している佐々木さんは「面接で話す内容は事前にまとめてはあったが,実際に面接をしてみると言葉に詰まることが多くあった。何を頑張ったのか,性格が明るいとはどういうことなのかなど,具体的に答えられるようにノートにまとめていきたい。」と前向きに答えてくれました。

 製造業を希望している中澤さんは「企業が高校生の採用で重視していることを知ることができて良かった。1位が「元気」だと思っていたが,「コミュニケーション能力」だった。成績が良いだけでは採用されないことが分かった。またコロナウイルスの影響でマスク着用が当たり前となり,口角を上げるだけでは笑顔を伝えられなくなった。目元だけで笑顔を伝えられるように練習していきたい。」と新しい発見にやや興奮しながら答えてくれました。

 セミナーの最後には手戸様から「やりたいことを明確にしてから入社した方が,入社後もやりがいを持ち仕事を続けることができる。とにかく具体的に考えたり行動したりしてほしい。」と激励の言葉をいただきました。

 一商は将来就職する時に役立つことを他校よりも多く学ぶことができます。進学希望者にとっても将来必ず役に立ちます。なぜなら、進学希望の生徒も最終的には必ず就職するからです。「将来働くことから,今の学習を考える」これが一商のスタイルなのです。

 

出前授業(栗駒中学校)

 7月3日(金)に、栗駒中学校で出前授業をさせていただきました。出前授業とは、本校の商業科教員が中学生に商業に関する授業を行い、商業教育の魅力を体験していただくものです。

 今回は、「魅力的な商品の開発」、「価格設定」について授業をさせていただきました。グループワークでは、活発にアイデアを出し合って発表まで行いました。

またのご依頼をお待ちしております。

拡大社会人講話

 7月22日(水),毎年恒例の2,3学年「拡大社会人講話」が行われました。「拡大社会人講話」とは,本校卒業生が後輩のために,社会人としての心構えや高校で頑張っておきたいことなどを話すものです。今年度はコロナウイルスの影響もあり,事前に撮影した動画を流す方法で実施しました。社会人として活躍している先輩方の話を,真剣な眼差しでメモを取りながら一生懸命に聞いていました。

 3年流通経済科の狩野さんは「先輩達が共通して言っていたのは,一商で学んだことは社会で役立つということです。東京メトロに勤務している先輩はコンピュータの技術や簿記の知識が役立っていると教えてくれました。また,銀行に勤務している先輩も会食での席次(座る場所)などのビジネスマナーが役立っているとおっしゃっていました。私も,2年生の「ビジネス実務」でビジネスマナーを学んでおいてよかったです。」と満面の笑みで感想を述べてくれました。

 3年情報処理科の伊東さんは「先輩達は皆,社会では言葉遣いやマナーが大切だと話されていました。日頃から一商の先生方に指導されているので大丈夫だと思いました。また,先輩達には資格取得の勉強を一生懸命に頑張るように励ましていただきました。私自身,多くの資格取得を目指して勉強しています。資格取得だけではなく,自分に合った勉強法も身に付けることができました。社会人になった後でも,様々な資格や勉強が必要になってきますので,これまでの経験を生かしていきたいです。」と力強く語っていました。

 社会で活躍されている先輩方に憧れて,自分もこうなりたいと強く思った一商生でした。一商生,夢に向かって突き進め!!

接客マナー講習会

7月2日(木)、毎年恒例である「接客マナー講習会」が本校会場で行われました。講師には元キャビンアテンダントの株式会社スマイルアップM‘sエアラインスクール長である大原みよこ様をお迎えしました。「お客様に好印象を与える接客マナー」というテーマで実習を交えながらの講演をしていただきました。

受講生徒の熊谷さんは「笑顔の作り方やお客様への言葉遣いを具体的に学ぶことができた。将来、販売職の仕事を考えているので、他の人よりもスキルを身に付け、進路に生かしていきたい」と力強く話していました。ただ商品を売るだけではなく「表情」「身だしなみ」「話し方や仕草」が必要であることを知り、販売の奥深さを実感した一商生でした。

この講習会で学んだことを生かし、11月5日(木)と19日(木)14:00より栗原市一迫町内の元Aコープ敷地内において一商生が販売実習を行います。一商生の販売力を、ぜひ体感しにいらしてください。

珠算電卓検定 合格発表

「やったー!」廊下に鳴り響く歓声。先月実施の「全商珠算・電卓実務検定試験」の合格発表がありました。今回は、コロナウイルスの影響もあり、6月からの学校再開。そのため、勉強時間があまり取れず、不安な検定試験を迎えることとなりました。しかし、そこは真面目な一商生。中には朝学習や放課後学習、土曜日の学習会に積極的に参加し、合格を目指して頑張っていました。合格した3年生の及川さんがインタビューに答えてくれました。

「小学校6年間、珠算を習っていました。高校になって1級取得に挑戦しましたが、2年連続合格できませんでした。今回も難しいと思っていたのですが、周りで同じように頑張っていた伊東さんを見て、自分も頑張らなければいけないと強く思うようになりました。今回合格したことで、全商1級を5種目取得することができました。専門学校進学を考えていますが、資格取得を活用し授業料を33万円も免除することができました。私よりも1級を多く取得している人もいるので、もっと頑張っていきたいと思っています。次は9月のファイナンシャルプランナーの試験と10月の会計実務検定試験に向けて頑張っていきます。」

君はチーム一商の太陽だ!頑張れ一商。負けるな一商。その努力が君の道となる。

 

マナーアップ運動

今年度第1回目の,交通安全委員によるマナーアップ運動が行われました。梅雨入りしたことを感じさせない素晴らしい天気のもと,学校前のバイパスで安全運転の啓発活動に取り組みました。より安心・安全な地域を目指して今後も活動していきます。

 

「企業実習」授業紹介

一迫商業高校にしかない授業。それが「企業実習」です。将来、社会で活躍できる職業人を育てる目的で行っています。地元栗原の企業で約20回(50時間相当)の実習を行います。

現在、7月から始まる実習先を探すため、生徒が直接電話で交渉しています。みんな緊張して震える受話器を押さえながら、奮闘中です。頑張れ!一商生!