一商ブログ

一商ブログ

移動ホームルーム(野球観戦)

 

天候に恵まれ、快晴の中で試合が始まりました。相手は現在パ・リーグ首位のソフトバンク。

全校で楽天を応援するために、これまでお昼や放課後の時間に各選手の応援歌を流したり、歌詞カードの作成に努めてくれた生徒会のみなさんのおかげもあり、結果は4-1で快勝することができました。

 また、毎年恒例のスチューデントリレーでは、本校を代表して3年生3名、教員1名の計4名が出場し、見事予選3位の好成績を収めることができました。

来年度こそは決勝戦に残りたいですね。

<観戦企画「リレー」選手> <観戦①> <観戦②>

春季生徒総会

 令和6年5月8日(水)、春季生徒総会が行われました。

 各部長からの前年度の活動報告や今年度の活動計画、各委員会委員長からの今年度の活動計画の説明などが行われました。

 第8号議案においては、例年とは異なり、各クラス等から出た要望をその場で教員に提案するのではなく、教員に提案することを全生徒に確認するところから始まりました。議案は「休み時間等におけるスマートフォンの使用について」です。要望を通すにあたり、自分たちで施行期間を設け、その結果をもって使用の可否を決めるという提案を、生徒会長がしました。

 これから本格的に動いていくことになるので、生徒会の活躍に目が離せません。

 前に出て発表した生徒の皆さん、お疲れさまでした。これからより良い学校を築いていきましょう。

<生徒会長挨拶> <活動報告(部活動)> <活動報告(委員会)>

PTA総会

 

 令和6年5月2日(木)、PTA・教育振興会総会が視聴覚室で行われました。昨年度から平日開催となり、今年度は昨年を超えるご参加をいただきました。

 石井副PTA会長さんを議長とし、議事はスムーズに進行しました。その中で、今年度は県北支部PTA事務局校であり、事業計画提案の際、「例年に増して保護者のみなさんのご協力をお願いします。」と総務進路部長より申し添えがありました。

 また、今年度はPTA会長に鈴木健さんが承認され、新体制のもとPTA活動が無事にスタートしました。

 最後に、長年PTA活動にご尽力いただいた役員の方々へ感謝状が贈呈されました。大変ありがとうございました。

 <校長挨拶> <PTA総会議事の様子> <新PTA会長挨拶> <PTA役員表彰>

新入生オリエンテーション

 令和6年4月10日(水)、新入生オリエンテーションが行われました。

新入生にむけて、各分掌、商業科、学年からこれからの学校生活における様々なルールや注意事項、一迫商業で大切にしていることなどについてお話を受けました。

 中学と高校の違いを、生徒指導や生活支援、教務や進路の面でお話しいただき、新入生は一生懸命メモを取りながら話を聞いていました。

 また、商業科と学年からの話の中では、商業高校の面白さや挑戦することの大切さについて話していただきました。意見を交流したり、問題を考えたりする場面がありましたが、いずれも真剣に考え、自分の意見を述べる姿が見られました。

 生徒の積極的な取り組み姿勢にこれからの学校生活がとても楽しみになりました。いち早く高校生活に慣れ、一商生として活躍してくれることを期待しています。

〈オリエンテェーション①〉

〈オリエンテェーション②〉 〈オリエンテェーション③〉

情報モラル研修(生徒ICT研修)

 令和6年4月9日(火)、宮城県一迫商業高等学校「情報モラル研修」が実施されました。

インターネットやSNSを使用する際、SNSで加害者や被害者にならないための対処法やトラブル事例、トラブルに巻き込まれないための方法を学びました。

 生徒の感想には「SNSは言葉一つで人を助けることも傷つけることもできる道具になるんだと思った」や「文字によるコミュニケーションの危うさを知ることができた。」などと書かれていました。

今回の研修会で学んだことをいかして、被害者にも加害者にもならないようにしてもらいたいと思います。

〈第1体育館にて実施〉 〈研修風景〉

 

対面式・部活動紹介

 

学式から明けた翌令和6年4月9日(火)、生徒会執行部主催の対面式と部紹介が行われました。

新入生にむけて、在校生たちが学校生活や部活動について紹介する場であり、新入生と在校生が初めて対面する場でもあります。

 生徒会長の遠山航生くんからの歓迎のあいさつからはじまった対面式。1年生を含めた各クラスのクラス紹介、パワーポイントを使った学校生活の説明、生徒会役員からのあいさつと盛りだくさんな内容も生徒会執行部の進行でスムーズに進みました。

 部紹介では、各部工夫を凝らした紹介が目白押し。どの部も、自分の部活動を新入生にPRすべく、精一杯部活動の良さを伝えていました。

 今回はすべての進行を生徒会が取り仕切りを行っていました。入生も新たな学校生活に早くなじめるような工夫がいっぱいの会になりました。

 

〈生徒会長挨拶〉 〈クラス紹介〉 〈部活動紹介〉

着任式

 始業式の前に、今年度転入した職員の着任式が行われました。小野寺文男校長先生始め7名の職員が紹介されました。生徒たちは初めて会う新しい先生方に、興味津々といった面持ちで自己紹介を聞いていました。

 これからいろいろな活動を通して絆を深め、充実した一商ライフを築いていくここと思います。今から楽しみです。

 

〈着任式〉 〈転任者登壇〉 〈転任者自己紹介〉

入学式

校庭の桜が咲き始めた令和6年4月8日(月)、宮城県一迫商業高等学校として最後の入学式が挙行されました。

流通経済科11名、情報処理科26名計37名の新入生が入学を許可され、晴れて本校生徒となりました。

 小野寺文男校長の式辞では、校訓である「誠実・自律・奉仕」の精神に則り、最後の一迫商業生として頑張るよう鼓舞されました。

 それを受け、生徒を代表して、情報処理科の今野紗希さんが、新しく出会った仲間と協力して頑張る旨を力強く宣誓してくれました。

 今年度の一迫商業高校の活躍を期待させる入学式でした。

〈校長式辞〉 〈新入生〉 〈新入生代表 宣誓〉

令和5年度 離任式

 令和6年3月28日(木)、今までお世話になった、校長先生をはじめ13名の先生方の離任式が行われました。体育館後方にはたくさんの卒業生が・・・。

 「自分の可能性にフタをしないこと。」「人の良い所を盗んで真似してください。」「人に助けてもらえる人になってほしい。」「それぞれの立場で頑張りましょう。」「当たり前のことを当たり前にできる人になってください。」、お一人おひとりから最後の熱いあいさつ、メッセージをいただき、ジーンとくるものがありました。

 花道の中を次のステージへ向かう先生方へ、今までの感謝の気持ちを伝え、別れを惜しみながらお見送りをしました。今までありがとうございました。

 

<花束贈呈> <卒業生> <お見送り>

令和5年度 卒業証書授与式

 令和6年3月1日(金)、本日いよいよ卒業証書授与式当日。天候はあいにくの名残雪からの涙雨。しかし、昨日の学年主任のことば「雨でも寒くても最高の晴れの日にしましょう。」という言葉どおり、厳かの中にも温かみのある式となりました。

 流通経済科9名、情報処理科21名、計30名の卒業生一人ひとりが校長先生から卒業証書証書を授与されました。送辞では遠山航生さんから今までの感謝とエールのことばが述べられ、答辞でも菅原龍二さんから3年間の日々は家族や後輩、先生方のお陰と感謝のことばが述べられました。

 きっとこの卒業生たちなら、校長式辞にあった、ふるさとを大事にしながら新しい挑戦を続け、負けても多くのことを学び、へこたれることなく進んで行くことでしょう。そのような思いを抱かせてくれる卒業式でした。

 

<卒業生入場> <卒業証書授与> <来賓祝辞>
<在校生送辞> <卒業生答辞> <退場時、家族へ花束を。>

令和5年度 同窓会入会式

 令和6年2月29日(木)、本校同窓会入会式が行われました。入会にあたり、同窓会長の阿部様から、「あいさつの大切さ」についてのお話をいただき、山崎健二校長先生からは、「これからは縦の関係も大事」というお話をいただきました。

 その後、生徒を代表して、小野寺琳世さんが今後の抱負を力強く語り、小野寺さんを含む代表生徒4名へ本部役員委嘱状が手渡されました。

 会員となった30名のみなさんの、一迫商業高等学校同窓生としてのご活躍をお祈りします!!!

<会則説明> <同窓会会長より> <校長より>
 
<代表生徒> <小野寺琳世さん>  

令和5年度 卒業式予行

 令和6年2月29日(木)、卒業証書授与式向けて予行練習を実施しました。入場から退場までの流れと、ポイントごとの確認を中心に行いました。

 本校は昨年度から、代表生徒授与から生徒一人ひとりへ直接授与するスタイルになったので、生徒・職員共に特にその部分の確認をしました。

 予行練習の最後、学年主任から「明日は雨でも寒くても最高の晴れの日にしましょう。」という言葉に、みんな気持ちが一層引き締まりました。

令和5年度 栗原版デュアルシステム学習報告会  

 令和6年1月26日(金)、一迫ふれあいホールにて、デュアルシステム学習報告会を開催しました。

 2年生からは、5名の代表生徒がインターンシップの活動報告をしました。目的・目標をもってインターンシップに臨み、多くのものを得た貴重な機会であったことが発表からもみてとれました。

 3年生は、「企業実習」「販売実習」「起業家研究」と3つのグループの活動報告となり、1年間の活動・学習の成果を堂々と発表してくれました。参観した1・2年生には、先輩たちの姿をみて、次年度の活動・学習への足がかりとしほしいです。

 また、当日はデュアルシステム運営委員の皆様をはじめ、お世話になった各事業所の皆様、市内の学校の先生方ご来場いただき、誠にありがとうございました。

【企業実習】発表の様子① 【販売実習】発表の様子① 【起業家研究】発表の様子①
【企業実習】発表の様子② 【販売実習】発表の様子② 【起業家研究】発表の様子②

令和5年度 販売実習 寄付活動

 令和6年1月12日(金)、栗原市へ販売実習の収益の全額(47,330円)を寄付しました。

 今年度の寄付は、栗原市で育った本校生徒が、栗原市の皆様からいただいた収益を栗原市のこどもたちに還元したいという思いから行われました。販売実習としてもCSR(企業の社会的責任)活動を体験することができ、地域社会のために自分たちができることを考える良い機会となりました。販売実習で商品をお買い上げいただいた地域の皆様、ありがとうございました。

<寄付金を佐藤市長へ手渡しました> <佐藤市長との談話> <佐藤市長、千葉教育長と記念写真>

令和5年度 修学旅行(生徒の感想より)

1日目:12月5日(火)

 宇治平等院と奈良公園に行きました。平等院では鳳凰堂などの歴史を説明していただきました。資料館にも行き様々な歴史を学びました。奈良公園は鹿がたくさんいました。大仏の歴史を学んだり、実際に自分の目で見たりしたものは想像していたよりはるかに大きくすごかったです。

 

2日目:12月6日(水)

 班ごとに自主研修を行いました。京都では歩いている道中に沢山の美味しそうな食べ物があり、心だけではなく、お腹も満たされました。私達の班は京都タワーに行き展望台に登りました。高い所から見る京都の景色は絶景で、皆、思わず声を出していました。自主研修は疲れたり、大変だったけど、それを上回る思い出ができました。

 

3日目:12月7日(木)

 修学旅行のクライマックス3日目。京都最後の見学地、清水寺の紅葉も今が見頃でとてもキレイでした。京都から大阪へ移動してUSJへ!さて、私達が一番楽しみにしていたUSJ。1日目や自主研修の疲れがあると思いきやそんなことはなく、様々なアトラクションを楽しみ、園内でお土産を買い、思い出を沢山作ることができました!

 

最終日:12月8日(金)

 約1時間くらいでしたが、道頓堀に行ってきました!朝早い時間に行ったので、開いている店はほとんど無かったものの、本場のたこ焼きを食べたり各々楽しんでいました。道頓堀での散策を終え最後のバスガイドさんの話を聞き、みんな思い思いに過ごせたと思います。たくさんお土産を買った人もいれば、食べ歩きして楽しんだ人もいました。

 今回、修学旅行の4日間は全員が楽しめたものだったと思います。

<1日目ー①宇治平等院> <1日目ー②東大寺大仏> <1日目ー③奈良公園の鹿>
<2日目ー①八坂神社> <2日目ー②水族館> <2日目ー③嵐山の竹林>
<3日目ー①清水寺> <3日目ー②音羽の滝> <3日目ー③USJ>
<4日目ー①巨大看板前> <4日目ー②道頓堀> <4日目ー③新幹線車内>

令和5年度 第2回販売実習

 令和5年11月24日(金)、あやめの里で販売実習が行われました。

 強風や降雨など、悪天候の中での販売実習となったため、「客足が遠のいてしまうのではないか」と、生徒も準備を始めるときまで心配していました。しかし、そのような中でも販売実習を待ち望んでいた地域の皆様に来店していただき、生徒一同笑顔で実習を行うことができました。

 あやめの里様のご厚意で、準備の段階で雨が当たらない位置に移動させていただいたり、実習途中に雨よけのブルーシートを設置させていただくなど、1回目とは違う経験をすることができました。

 今年度はハロウィンマルシェを含め、例年より1回多く3度の販売実習を行うことできました。来年度も販売実習をお楽しみに!!またお会いましょう!

 

令和5年度 秋季スポーツフェスティバル

 令和5年11月17日(金)にスポーツフェスティバル(秋季大会)が行われました。

 雨天のためサッカーが中止となり、体育館でバレーボール、バスケットボール、選抜リレーが行われました。

 教員チームとのエキシビジョンマッチも含め、どの競技でも熱戦が繰り広げられました。

 結果は、夏季大会に続き秋季大会も2学年が優勝しました。

 また、夏季大会と秋季大会の合計での総合順位は、1位2学年、2位3学年、3位1学年となりました。

<バスケットボール①> <バスケットボール②> <バスケットボール③>
<バレーボール①> <バレーボール②> <バレーボール③>
<選抜リレー①> <選抜リレー②> <選抜リレー③>
<表彰> <最後のスポフェスお疲れ様①> <最後のスポフェスお疲れ様②>

令和5年度 秋季生徒総会

 令和5年11月15日(水)、秋季生徒総会が行われました。

 3年生にとっては最後の生徒総会でしたが、2年生に引き継ぎをしながら準備などを行ってくれました。

 初めて壇上で発表をする新部長たちは、緊張しながらも堂々と発表していました。

 

 新生徒会長と副会長2名の認証状授与式が行われました。

 新生徒会長からは「一迫商業があなたのために何ができるかを問うのではなく、あなたが一迫商業のために

何ができるのかを考えてほしいです。」と新生徒会執行部発足にあたり、意気込みを話してくれました。

 

 生徒会執行部の生徒が遅くまで準備してくれたおかげでスムーズに秋季生徒総会を行うことができました。

<生徒総会①> <生徒総会②> <代議員 議長>
 
<認証状授与式①> <認証状授与式②>  

令和5年度 50周年記念講演

 令和5年11月9日(木)、創立50周年記念式典後、引き続き記念講演が開催されました。

 講師は元プロ野球選手・スポーツコメンテーターの山﨑武司氏です。

 山﨑氏は楽天球団創設メンバーであり、栗原市栗駒地区には氏の名前を冠した『山﨑武司球場』もあり、この地域にご縁のある方です。

 講演前に、本校山崎(やまざき)健二校長から山﨑(やまさき)武司氏の紹介と、氏の紹介動画が流されました。ドラフト2位指名された高校生の時から引退に至るまでの27年間が凝縮されていました。その後、体育館後方からご本人登場という演出で会場は講演前から盛り上がりました。加えて、気さくな語り口調に生徒たちもリラックスし、問いかけにも積極的に答える姿が見られました。

 最後に生徒を代表して鎌田皓さんが、「人の話を聞くことや、継続することの大切さを教えてもらいました。楽天の監督になる日を楽しみにしています」とお礼のことばを述べ、平間美咲さんが花束を贈呈し、講演会は終了となりました。

<講師紹介動画> <講師紹介> <公演中>
 
<お礼の言葉> <生徒の記念写真>  

令和5年度 50周年記念式典

 令和5年11月9日(木)、これ以上ない快晴のもと、たくさんのご来賓の方々に見守られ本校創立50周年記念式典が挙行されました。

 山崎健二校長式辞、50周年記念事業実行委員長阿部朗様の挨拶の中から、昭和48年4月から現在までの変遷や、地域と密接に関わってきた歴史を振り返り、改めて50年という節目の重要さを実感しました。

 式典の中では、本日に至るまで本校の教育に貢献いただいたみなさまへの感謝状の贈呈も行われました。

 その後生徒を代表して、生徒会長の菅原龍二さんが本日お越しいただいた来賓の方々へ、これまでの感謝の辞を述べました。

 最後の校歌斉唱では、全校生徒の感謝の思いがこもったように、体育館中に響き渡り閉式を迎えました。

 式典は通過点です。創立51年目の一迫商業高等学校を今後ともよろしくお願いいたします。

     

 <式典会場全景>

 <校長式辞>  <感謝状贈呈>
     
 <実行委員長挨拶>  <生徒代表挨拶>